• Home 土地活用としての賃貸物件建築

土地活用としての賃貸物件建築

土地活用の代表的な手法が賃貸物件の建築です。土地を更地のままで保有していたり、無駄に使っていたりすると固定資産税がかかるだけで、全く収益を産みません。そこで、賃貸物件を建築して賃料収入を得るような土地活用を考えるのです。自己資金で建築できるのが理想ですが、オフィスビルにしてもアパートやマンションにしても、それなりの建物を建築するためには建築費がかかってしまいますので、銀行などの金融機関から借入をするケースが多いです。銀行などの場合には収支計画をしっかり検証して確実に賃料収入で返済が可能であることを確認しますが、金融会社の不動産担保ローンは担保重視ですので、借入が比較的容易です。土地活用で不動産担保ローンを利用するのは、賃貸アパートやマンションを建築する場合が多いです。金融会社は賃料収入を元にした収益還元価格は参考値として、土地の流通価格を基本に担保評価をすることがあります。

賃貸事業としては成功しなくても、土地として転売しても融資金が返済できると判断すれば、家賃収入で返済する計画は重視しません。当然のことながら、土地活用としての賃貸物件建築ですので。賃料で順調に返済できることが望ましいのです。しかしながら、環境の変化などによって返済が困難になることもあります。また、地震や火災なども被害も想定されます。損害保険に加入していても、賃料の保証はありません。様々な事態が想定されますので、不動産担保ローンでは、建築した建物を取り壊して更地として売却する場合の価格も参考にします。それでも担保評価が出るのであれば、即決で融資の審査は通ります。しかし、そこまで優良な不動産担保はなかなかありませんので、賃料収入の実現可能性との兼ね合いになります。銀行などの金融機関の場合には、その返済の確実性を最重視して、担保はそれほど重視しませんので、金融会社の不動産担保ローンとは考え方が根本的に異なります。銀行などは家賃保証を融資の前提にすることもあります。大手の企業が鞘を取ることを了解して、家賃を保証をしてくれれば、土地の保有者も融資する銀行なども確かに安心です。しかし、収益性は劣りますので、安全を重視するのか収益性を重視するのか、それは土地の保有者の考え方次第です。

収益性を重視して家賃保証などは期待しないという場合には、銀行などの融資が厳しくなりますので、金融会社が提供する不動産担保ローンも検討してみたいものです。